AppleシリコンのMシリーズ

お仕事

AppleシリコンのM1のMacBookAirを使用している。

それまでは、2018年のMacbookProを使用していて不満はなかったのですが、結構な値段をしたものを持ち歩くよりは、少し安いものを気軽に持ち運ぼうと購入した。

ところが、このM1チップというのを使ってみると良いとこ尽くめ
・バッテリの持ちがいい
・熱くならない・
・けっこうハードな動画編集に使ってもサクサク動く
・Gを超える重いデータの書き出しがとても早い。

それまでのMacBookProは値段は数倍したが、性能は数分の一ということが露呈してしまった。
先日あたらしいM1Max M1Proという名のMacbookが登場し少し使える機会があったのですが、若干の変更ぐらいで機能向上とは言えなかった。もちろん向上はしているが前回M1で向上しすぎて霞んでしまっている。
雑誌などでも2016年のMacBookと比較したりしている..
それ程、インテルからAppleシリコンへの変更は大きかった。
USBハブがいらないとか、画面が綺麗になったとかの変更はあるようですが、正直どうでも良い。

ソフトも最近は、M1対応になって来ており問題ありません。
大きな変換器となったこの機種は、大事にしておきたおと思います。

タイトルとURLをコピーしました